-- 事務局からのお知らせ一覧 --

2019年 機関紙福袋販売のご案内

2019年 新春講演会・交歓会(関西地区)開催のご案内

このたび、会員各位交流のため、下記のとおり講演会と交歓会を開催いたします。
お誘いあわせの上、多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

1.日 時 平成31(2019)年2月8日(金)午後3時~4時30分(質疑応答を含む)
2.会 場 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)5階 視聴覚スタジオ
    (〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号)
(アクセス:https://www.dawncenter.jp/shisetsu/map.html
3.講 演 高野山大学の学びと図書館~時空を超えて、つないできたもの~
高野山大学図書館は100年以上の歴史を誇り、国内有数の蔵書数を誇る仏教や密教に関する資料を始め多くの古写本や版本を蔵した、国内外の研究者から注目を集める図書館です。
専門資料を扱う図書館としての歴史、また、研究活動との係わりや資料保存、デジタル化など、現在の活動についてお話しいただきます。
4.講 師 木下 浩良氏
(高野山大学総合学術機構(図書館・密教文化研究所)課長)
<講師紹介>
高野山大学人文学科国史学専攻卒。
専門分野は仏教考古学・高野山史。
2017年にはNHK総合テレビの人気番組「ブラタモリ」の高野山編に出演、監修を行う。
著書に『はじめての「高野山町石道」入門』、『はじめての「高野山奥之院の石塔」入門』、『戦国武将と高野山奥之院―石塔の銘文を読む』、『戦国武将真田一族と高野山』などがある。
5.交歓会 午後5時~6時半 カフェレストラン凛(ドーンセンター1階)
※どうぞ名刺をお忘れなく!
6.参加費 講演会、交歓会ともに無料。
7.定 員 60名(先着順) 1機関より複数のご参加を歓迎いたします。
8.締 切 平成31(2019)年1月28日(金)
9.申込方法

●2/8 2019年 新春講演会・交歓会(関西地区)参加申し込みフォームより、お申込ください。
 2/8 2019年 新春講演会・交歓会(関西地区)参加申し込みフォーム

●Eメールの場合は、件名「2/8 2019年 新春講演会・交歓会(関西地区)申込」とし、
 ① 所属機関・部署名
 ② 講演会 参加者氏名
   交歓会 参加者氏名
 ③ メールアドレス
 ④ 講師への質問など

   をご記入の上、宛先 jsla@jsla.or.jp へお送りください。
●FAXの場合は、下記より申込書をダウンロードして必要事項をご記入のうえ、
 (03)3537-8336 までお送りください。
 申込書ダウンロード

10.連 絡 折り返し“申込受付”の返信メールをお送り致します。
11.お問合せ先 専門図書館協議会事務局
〒104-0033東京都中央区新川1-11-14 Tel:03-3537-8335/Fax:03-3537-8336

1/23 見学会 呉市議会図書室(中国地区)のご案内

「呉市議会図書室」

主催:専門図書館協議会
   中国地区連絡会

会場:呉市議会図書室

 今回の地区見学会は、2018年度第4回「地方創生レファレンス大賞」、および2016年 「第11回マニフェスト大賞優秀成果賞」を受賞された呉市議会図書室を見学いたします。
 呉市議会図書室では、議会図書室発の政策形成力の強化をテーマに、議員の質問力向上 や産業分野の施策立案に貢献されている取組みをお伺いいたします。
 人口20万人程度の中核市で議会図書室に司書の常勤を置き業務されている、全国でも数少ない議会図書室です。皆様のご参加をお待ちしています。

1.開催日時 2019年1月23日(水) 14:00~16:00
2.見学場所 呉市議会図書室
※見学会の後、質疑応答および意見交換会を行います。
3.所在地 広島県呉市中央4丁目1番6号
(見学場所までの交通費は自己負担)
4.申込方法 参加申込票にご記入のうえ、2019年1月17日(木) までに下記事務局にFAXまたはE-mailにてお申込みください。

詳細ダウンロード(PDF)

5.事務局 〒730-0041
広島市中区小町4-33 中電ビル3号館5階

<公 財>
中国地域創造研究センター内(総務企画部 中野)
e-mail:nakano@crirc.jp
TEL:082-245-7900
FAX:082-245-7629

1/31 見学会 神奈川県立川崎図書館(関東地区)のご案内

見学先:「神奈川県立川崎図書館」

主 催:専門図書館協議会

 

1.日時・内容
日 時 内  容
2019年1月31日(木)
14:00~16:00

2018年5月15日に、神奈川県立川崎図書館は、川崎市川崎区富士見の地から川崎市高津区坂戸にあるかながわサイエンスパーク(KSP)に移転し、リニューアルオープンしました。
県立川崎図書館は、昭和33年12月に工業を中心とした公共図書館という特色をもって神奈川県で2番目の県立図書館として開館しました。今回の移転を機に「ものづくり情報ライブラリー」として「ものづくり技術」の高度化や技術開発に役立つ専門的図書館をコンセプトに生まれ変わりました。
これまでの科学技術資料や社史等と合わせて、最新のデジタル情報を提供できる電子ジャーナル・データベースも利用できる図書館となっています。
東急田園都市線渋谷から30分の位置にある神奈川県立川崎図書館の見学会、皆様のご参加をお待ちしています!

2.見学先 神奈川県立川崎図書館
(〒213-0012 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP 西棟2階)
(アクセス:http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/common/directions_k.htm
JR(武蔵溝ノ口駅)・東急田園都市線・大井町線(溝の口駅)より徒歩15分
または、KSPシャトルバス(溝の口駅 北口ターミナル9番乗り場から「KSP行き」)約5分
3.内 容 概要説明、館内案内、質疑応答
4.定 員 30名(申し込み先着順)
5.参加費 会 員:無 料
6.申込方法

●1/31 見学会(関東地区)参加申し込みフォームより、お申込ください。
 見学会(関東地区)参加申し込みフォーム
●Eメールの場合は、件名「1/31見学会(関東地区)申込」とし、
 ① 所属機関・部署名
 ② 氏名
 ③ 電話番号
 ④Eメール
   をご記入の上、宛先 jsla@jsla.or.jp へお送りください。
●FAXの場合は、下記より申込書をダウンロードして必要事項をご記入のうえ、
 (03)3537-8336 までお送りください。
 申込書ダウンロード

【お問い合わせ先】 専門図書館協議会事務局 TEL:03-3537-8335

2019年 新春講演会・交歓会(関東地区)開催のご案内←定員に達した為締め切りました。

正月吉例、新春講演会ならびに賀詞交歓会を下記のとおり開催いたします。今回は東京商工会議所がリニューアル開館するのに併せて実施します。会員の皆さま、お誘い合わせの上多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

1. 日 時 2019(平成31)年 1月18日(金)15:30~17:00(質疑応答を含む)
2. 会 場 東京商工会議所 Room B3(東京都千代田区丸の内3-2-2丸の内二重橋ビル)
3. 新春講演 「国立映画アーカイブのめざすもの」(仮題)
2018年4月に東京国立近代美術館から独立した「国立映画アーカイブ」はわが国唯一の映画専門の保存・研究・上映機関となりました。今回は岡島館長から、現在、日本で最も注目されているアーカイブについてのお話しを伺います。
4. 講 師
  <略歴>
岡島 尚志 氏
1979年東京国立近代美術館フィルムセンター研究員、2009~2011年アジア初の国際フィルム・アーカイブ連盟(FIAF<フィアフ>)会長、2010年~東南アジア太平洋視聴覚アーカイブ協会(SEAPAVAA)特別会員、2016年ジャン・ミトリ賞受賞、2018年~国立映画アーカイブ館長(初代)。これまで東京大学、早稲田大学、日本大学芸術学部等で映画史・映画アーカイブ論を講じている。
5.賀詞交歓 17:00~18:30 東京商工会議所 Room A5
6.参加費 講演会、賀詞交歓会ともに無料
7.定 員 60名(先着順) 定員に達した場合、各機関1名様でお願いいたします
8.締 切 2019(平成31)年1月11日(金)
9.申込方法 ●新春講演会・交歓会 参加申し込みフォームより、お申込ください。
 新春講演会・交歓会 参加申し込みフォーム

●Eメールの場合は、件名「新春講演会申込(関東)」とし、
 ① 所属機関・部署名
 ② 代表者氏名および講演会・賀詞交歓会参加可否(必須)
   同行者氏名および講演会・賀詞交歓会参加可否(任意)
 ③ 代表者Eメール
   をご記入の上、宛先 jsla@jsla.or.jp へお送りください。
●FAXの場合は、下記より申込書をダウンロードして必要事項をご記入のうえ、
 (03)3537-8336 までお送りください。
 申込書ダウンロード

10.連 絡 折り返し“申込受付”の返信メールをお送り致します。
11.その他 ○賀詞交歓会に参加される方は名刺をお持ちください。
名札としてご使用いただきます。
12.お問合せ 専門図書館協議会事務局 TEL:03-3537-8335

「専門図書館」292号を刊行しました。

『第20回図書館総合展』に出展しました。

「専門情報機関総覧2018」ウェブ版のご紹介

呉市議会図書室(会員機関中国地区)が地方創生レファレンス大賞を受賞しました。