地方議会図書室

 

2019年度
2019年度の地方議会図書室等職員研修会は、8月19日(月)・20日(火)の2日間、「外部情報源で議会図書室の価値を高める」をテーマとして開催致します。

1日目は「同志社大学条例Webアーカイブデータベース」を取り上げます。
前半は、、開発者である原田隆史同志社大学教授から、その基本機能と特徴について解説いただき、自治体の政策形成における活用事例の紹介および、デモンストレーションを行っていただきます。
後半の、グループワークでは、議会図書室のサービスを周知・提供する手法について、特徴的な事例を紹介したり、ケーススタディとして、条例データベースの周知・利用促進の手法について、ディスカッション方式で検討します。

2日目は、日本交通公社「旅の図書館」を訪問し、お話をうかがいます。
「旅の図書館」は、全国に数多く存在する「自治体の政策形成に役立つ専門図書館」の1つであり、観光政策に関する調査拠点として、インバウンドや地域おこしに関する調査に取り組んでいます。
図書館の概要に加え、そうした事例についてお話をうかがうとともに、研修参加者からも各図書室の関連レファレンスについての話題提供をし、お互いに情報交換を図る機会とします。

どうぞ皆さま、奮ってご参加ください。

参加お申込はこちら

過去の開催