--- 事務局からのお知らせ(アーカイブ)一覧 ---

「JSLA-SLAアジアン・チャプター ライブラリアン アワード2016」募集のご案内

この度専門図書館協議会はSLAアジアン・チャプターと共同で、
「JSLA-SLAアジアン・チャプター ライブラリアン アワード2016」の募集を開始いたしました。
今回のアワードは、経験年数10年以内の会員であれば、どなたでもご応募できます。
たくさんのご応募をお待ちしております。

詳細は PDF をご覧下さい。

第17回図書館総合展に参加しました。(ご報告)

『第17回図書館総合展』出展・フォーラム開催のご報告

kihara

yushodo


「ブックキーパー脱酸処理」

日   時 2015年11月10日(火)~11月12日(木)
場   所 パシフィコ横浜 展示ホールD/アネックスホール
図書館総合展公式ウェブサイト
(閉幕の御礼)
http://www.libraryfair.jp/
専門図書館協議会参加内容 https://www.jsla.or.jp/no17-sougouten/

たくさんの方のご来場ありがとうございました。

ブース来場者数 520名(3日間合計)
主催フォーラム入場者数 130名
共催フォーラム入場者数 160名

 

 

ブース出展:専図協は資料・情報部門に携わる人の強い味方です!

日 時 2015年11月10日(火)~11月12日(木)
来場数 520名
総 評 専図協の研修事業、出版物、海外交流および主要機関会員や賛助会員名のパネルを展示しました。
今回は『専門情報機関総覧2015』をお勧め本に展示するなど紹介に力を入れ、併せて、機関誌「専門図書館」と『専門図書館と著作権Q&A2012』の紹介も行ないました。
ブースに立ち寄った方々からは専図協及び専門図書館についてのご質問も多くいただきました。
多くの方々との対話により、当協議会の活動と専門図書館の魅力を広く説明しました。

 

主催フォーラム:使える専門図書館、つながる専門図書館~女性,防災,グローバル~

日 時 2015年11月12日(木) 15:30~17:00
来場数 130名
講 師 森 未知 氏(独立行政法人国立女性教育会館女性教育情報センター)
堀田弥生 氏(公益社団法人全国市有物件災害共済会防災専門図書館)
澤田裕子 氏(独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館)
結城智里 氏(一般財団法人機械振興協会BICライブラリ)
鈴木良雄 氏(専門図書館協議会事務局長)
総 評 前半は講師3人がそれぞれの専門図書館の活動をPPTで説明しました。
異なる分野の専門図書館でしたが、特徴が十分に出ており専門図書館の存在感が感じられました。
後半の講師2人はそうした異なる分野の専門図書館が連携するためのネットワーク化について説明を加えました。
今後、専門図書館相互がネットワークを強化することへの賛同と期待が多く寄せられました。

 

共催フォーラム:こんなに使える!社史の魅力~社員教育、営業、就職活動、レファレンス
      ツールまで、社史の魅力を事例紹介をまじえてご紹介~

日 時 2015年11月10日(火) 13:00~14:30
来場数 160名
講 師 村橋勝子 氏(社史研究家/専門図書館協議会顧問)
大田吉一 氏(日本水産株式会社)
広沢久美子 氏 (株式会社中村屋)
総 評 村橋氏の社史を読み解くさまざまな切り口は社史の魅力を伝えるのに十分なお話しでした。
加えて、大田氏と広沢氏の具体的な社史の活用事例は参加者に多くの共感をもたらしました。
社史の魅力や効用がより一層理解できるフォーラムとなりました。

第17回図書館総合展へ参加します。

『第17回図書館総合展』参加のご案内


Print

日   時 2015年11月10日(火)~11月12日(木)
場   所 パシフィコ横浜 展示ホールD/アネックスホール
主   催 図書館総合展運営委員会
企画・運営 JCCカルチャー・ジャパン
後   援 専門図書館協議会ほか
図書館総合展公式ウェブサイト http://www.libraryfair.jp/
専門図書館協議会参加内容 ※詳細(PDF)

 

 

ブース出展:専図協は資料・情報部門に携わる人の強い味方です!

日 時 2015年11月10日(火)~11月12日(木)
場 所 展示ホールD ブース番号 64
出展概要  専門図書館協議会は、民間企業、各種団体、官庁、地方議会・大学、調査研究機関などの図書館資料室、情報管理部門が会員となり、相互協力と連携を図ることを目的に活発でユニークな活動を続けています。1952年に設立され、2012年春に創立60周年を迎えました。2014年4月より全国7つの地区協議会を一元化して、日本の専門図書館界のプラットフォームとなることを目指して活動しています。 
 また、SLA(米国専門図書館協会)やIFLA(国際図書館連盟)の組織会員となっているほか、KSLA(韓国専門図書館協議会)との文書交換をするなど積極的に国際交流活動を行っています。講演会、研修会、見学会や各種出版物の頒布、専門図書館の運営に関するご相談などを通じて、専門図書館員のスキルアップと専門図書館の社会的評価の向上に取り組んでいます。
対象者 図書館全般、公共図書館関係者、機関・企業図書館関係者、
大学・短大・高専図書館関係者、小・中・高学校図書館関係者、
博物館・美術館・公文書館関係者、その他の行政関係者、著作者・出版社など、
学生、一般

 

主催フォーラム:使える専門図書館、つながる専門図書館 ~女性、防災、グローバル~

日 時 2015年11月12日(木) 15:30~17:00
会 場 第3会場(アネックスホール203)
講 師 森 未知(国立女性教育会館女性教育情報センター)
堀田弥生(公益社団法人全国市有物件災害共済会 防災専門図書館)
澤田裕子(日本貿易振興機構アジア経済研究所図書館)
結城智里(機械振興協会BICライブラリー)
鈴木良雄(専門図書館協議会事務局長)
フォーラムの内容  現代における社会の急速な変化は、さまざまな分野において、わたしたちに専門的な知識・技術・情報を要求します。多種多様なテーマを扱っている専門図書館は、このような現代社会の強い要望に応えていく“知のインフラ”として、今後ますます活用されていくことが強く期待されています。 
 今回のフォーラムでは「つながる専門図書館」と題して、現代社会において特に重要なテーマである「女性」「防災」「グローバル」を取り上げることで、専門図書館がどのような“知”を提供できるのか、専門図書館がつながっていくことで“知の地平線”がどのように広がっていくのかを考えていきたいと思います。専門図書館の特色あるコレクションにご関心がある方、それらのコレクションを実際に利用してみたい方、“知の連携”がもたらす可能性にご関心がある方など、多くの参加者をお待ちしております。
対象者 公共図書館関係者、機関・企業図書館関係者、大学・短大・高専図書館関係者、
小・中・高学校図書館関係者、博物館・美術館・公文書館関係者、
その他の行政関係者、学生
お申込み先 専門図書館協議会ホームページよりお申込み下さい。
※お申込みはこちら

 

共催フォーラム:こんなに使える!社史の魅力~社員教育、営業、就職活動、
          レファレンスツールまで、社史の活用・魅力を事例紹介をまじえてご紹介~

日 時 2015年11月10日(火) 13:00~14:30
会 場 第5会場(アネックスホール205)
主 催 図書館総合展運営委員会
共 催 専門図書館協議会
講 師 村橋勝子(社史研究家/専門図書館協議会顧問)
大田吉一(日本水産株式会社)
廣澤久美子(株式会社中村屋)
フォーラムの内容  社史は一般の書籍流通ルートに乗ることが少ないため収集が難しく、図書館員にとっても身近とは言い難い存在ですが、実際の社史を紐解いてみれば、その資料的価値は高く、内容も実に多様、多彩です。
 本フォーラムでは、主に社史の「活用」に焦点を当て、『社史の研究』(ダイヤモンド社)、『カイシャ意外史-社史が語る仰天創業記』(日本経済新聞出版社)など社史の魅力・面白さを紹介した著書もある社史研究家の村橋勝子氏をお招きし、様々な観点での社史活用について事例紹介を交えながらお話しいただきます。
対象者 公共図書館関係者、機関・企業図書館関係者、大学・短大・高専図書館関係者、
小・中・高学校図書館関係者
お申込み先 図書館総合展運営委員会
https://www.prkcps.com/tosho2015/yokohama/

「専門図書館」273号を刊行しました。

「専門図書館」272号を刊行しました。

専門図書館員のための認定資格制度(案)がまとまりした。

7/25~8/24 認定資格制度(案)に関する意見募集について ←終了いたしました

「専門図書館」271号を刊行しました。

「JSLA-SLAアジアン・チャプター若手育成賞2015」の受賞者が決定しました。

JSLA-SLA Asian Early Career Award 2015 Winner Announcement

Congratulation to the winner of JSLA-SLA Asian Early Career Award 2015
Winner of “JSLA-SLA Asian Early Career Award 2015” sponsored by
JSLA(Japan Special Libraries Association) & SLA Asian Chapter – Ms. Aditi Budhiraja,
India, (Virtual Employee Pvt. Ltd.)

「JSLA-SLAアジアン・チャプター若手育成賞2015」 受賞者の報告

今回の同賞の受賞者は、アディティ・ブディラーヤさん(インド:Virtual Employee社 リサーチアナリスト&ライブラリアン)に
決定しました。

詳細はこちらよりダウンロード出来ます。

「専門図書館」270号を刊行しました。